大阪 at Night ブログ

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEELの夜景

2009年2月に閉園したエキスポランド跡地の再開発事業として2015年11月にオープンしたEXPOCITY(エキスポシティ)ららぽーとEXPOCITYを中心に、海遊館が運営するNIFREL(ニフレル)等の体験型施設を組み合わせた大型商業施設です。

2016年7月には高さ日本一(123m)の大観覧車、Redhorse OSAKA WHEEL(オオサカホイール)が完成し、全ての施設が出揃いました。読者から過去に何件かリクエストを頂いていたので、遅ればせながら夜景を紹介しておきます。

エキスポシティ エントランス
大阪モノレールの万博記念公園駅から2分ほど歩くとエキスポシティのエントランスが見えてきます。写真は冬のイルミネーションが行われている時のもの。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 空の広場
エントランスから各施設へと結ぶ導線の中心にある空の広場Redhorse OSAKA WHEEL。手前にNIFREL(ニフレル)ポケモンEXPOジムがあります。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エントランス 01
近未来的なRedhorse OSAKA WHEELのエントランス。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エントランス 02
乗り場へと続く通路。写真が歪んでいるようにも見える変わったデザインです。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 乗り場
観覧車乗り場の様子。天井と足元がシースルーというゴンドラが大きな特徴。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 01
ゴンドラに乗り込むと徐々に景色が広がっていきます。手前の建物はニフレル

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 02
西方向、豊中市〜箕面市方面の夜景。中央に万博記念公園駅。右側に万博記念公園の自然文化園。モノレールに沿って東西に走る中国自動車道の光が綺麗です。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 03 太陽の塔
ライトアップされた万博記念公園のシンボル、太陽の塔。上空から眺められるのは中々新鮮です。バックには大阪大学の建物群や箕面方面の夜景が広がる。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 04
南西方向、吹田市中心部方面の夜景。眼下にはイルミネーションに包まれたエキスポシティ、遠くには大阪市内の光が見えます。小さいですがあべのハルカスも。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 05
東方向、高槻市〜茨木市方面の夜景。中国自動車道を跨ぐモノレールの分岐(本線と彩都線)や、名神高速近畿道と分岐する吹田ジャンクションが特徴的。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 06 吹田ジャンクション
吹田ジャンクションをズームアップ。中央奥から近畿自動車道、中央手前が中国自動車道、左右が名神高速道路という構造の重要なジャンクションです。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 夜景 07 市立吹田サッカースタジアム
南東方向、茨木市〜摂津市方面の夜景。中央にガンバ大阪の本拠地、市立吹田サッカースタジアムが見える。サッカーの試合開催時には光り輝いているはず。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 ゴンドラ内
ゴンドラの内部。定員6名の広々としたキャビン。全ゴンドラにタブレットが完備されており、各種インフォメーションを表示。今後様々なアプリが提供されていく予定。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 REDHORSE MARUMIEPLAZA
観覧車を降りた所にあるMARUMIE PLAZA。オフィシャルグッズが買えるショップと観覧車を眺めながら食事ができるテラス席を備えたレストランがあります。

エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 エキスポシティ大観覧車 Redhorse OSAKA WHEEL 2017 全景
北側から見るRedhorse OSAKA WHEELの全景。ライトアップには様々なパターンがあり、毎時0分など一定時間毎にしか見られないパターンもあるようです。

太陽の塔とRedhorse OSAKA WHEEL 2017
太陽の塔Redhorse OSAKA WHEEL。その間にモノレールの光軌。

最後は動画でお楽しみ下さい。観覧車内からの夜景撮影は制約が多くて大変ですが、何とか制作してみました。上記の写真がそのまま場面の解説になります。


YouTubeの動画ページへ

以上、Redhorse OSAKA WHEELの夜景でした。ベイエリアの開放感が特徴の天保山大観覧車や、都会のど真ん中でビルの間をすり抜けるHEP FIVE大観覧車とはまた違った趣のある夜景を楽しむことができます。冬場は大気が綺麗で見通しの良い日が多いので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

その他の動画をまとめて見たい方はこちらへ→ 大阪の夜景動画チャンネル

阪神高速大和川線 (三宝〜鉄砲) 開通記念イベント 復路編

2017年1月21日に行われた阪神高速6号大和川線 三宝ジャンクション〜鉄砲出入口間の開通記念イベント(ハイウェイウォーク)の続きです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 13
三宝ジャンクションの手前で折り返し、復路は東に向かって戻っていく形になります。トンネルには大和川第1トンネル(1164m)という名称が付いていました。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 14
ここから復路がスタート。最初は下り坂になっています。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 15
トンネル内の様子。一直線にどこまでも続いていきそうな感覚。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 16
途中から予想外のイルミネーション演出がスタート。歩行者天国 今日だけやで。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 17
天井から7色の光を照らすレインボーのイメージ。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 18
グリーンの照明をベースにプロジェクターで木漏れ日のような映像を写し出す。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 19
ミラーボールがくるくると回ってディスコのような空間に。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 20
特殊な投光機を使って幻想的な空間を演出。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 21
都市のような映像を写し出すプロジェクター。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 22
様々なイルミネーションに魅了されているうちに出口が見えてきました。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 23
鉄砲出口から差し込む光がまるでSF映画のワープゾーンのよう。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 24
鉄砲出口を出ると3kmのハイウェイウォークが終了。お疲れ様でした。

以上、阪神高速大和川線開通記念ハイウェイウォークの様子でした。わずか数時間のイベントの為にここまでの演出をするとは思っていませんでした。今回のイベント全体を通して、普段は見ることのできない世界を体験することができ、非常に良い経験になりました。今後の未開通区間の進捗も非常に楽しみです。

阪神高速大和川線 (三宝〜鉄砲) 開通記念イベント 往路編

大阪市と堺市を分ける大和川の南岸に沿って建設が進む阪神高速6号大和川線。2017年1月28日に三宝ジャンクション鉄砲出入口間が開通するのに合わせて、1月21日に記念イベントのクォーターマラソンとハイウェイウォークが実施されました。

阪神高速6号大和川線 整備効果
阪神高速大和川線の整備効果。全線開通後には西名阪道から環状線を経由せずに湾岸線へと入ることができるようになり、渋滞の緩和が期待されています。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 01
ハイウェイウォークはイオンモール堺鉄砲町の北側からスタート。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 02
西行きの鉄砲東出口となる予定のスロープを反対に下って高速道路の本線に入っていきます。先に見えるトンネルは未開通区間。上には南海本線が走っています。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 03
Uターンして本線のウォーキングがスタート。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 04
国道26号線の下を潜り、空が見える掘割方式で建設された区間を進んで行きます。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 05
トンネル内部の様子。この辺りは未開通区間なので、まだ照明も仮設で白線等も引かれていません。非日常な雰囲気がプンプンでワクワクします。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 06
ここからが2017年1月28日に開通する区間。照明や配管が化粧板で覆われておらず、設備が簡素化されている印象を受けました。メンテナンス性は高そうです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 07
6号大和川線の標識。照明はスッキリとした白色のLED。個人的にはオレンジ色の高圧ナトリウムランプで照らされた昔ながらのトンネルのほうが好きです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 081
トンネル内に気流を起こすことで排ガス対策を行うジェットファン。高速道路内の設備をじっくり撮影できる機会は中々ないので、こういったイベントはとても貴重です。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 09
いよいよ出口の標識が見えてきました。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 10
三宝ジャンクション手前の分岐標識です。神戸が左で関空が右という表示は構造上そうなっているのですが、土地勘のある人は逆に戸惑う可能性がありそうです。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 11
地上に出るとウォーキングの折り返し地点となります。残念ながら先の三宝ジャンクションに入ることは出来ませんでした。かなり期待していたのですが。

阪神高速大和川線(三宝ジャンクション〜鉄砲)開通記念イベント ハイウェイウォーク 2017年1月 12
入れないものは仕方ないので展示してあった三宝ジャンクションの模型。北側から見下ろしている状態になります。上下に走る道路が阪神高速4号湾岸線

以上、阪神高速大和川線開通記念ハイウェイウォークの様子でした。往路では脚色のない素の状態の道路や付帯設備を楽しむことができました。またトンネル内では阪神高速の歩みを紹介するパネルが展示されていたり、緊急車両が展示されていたりと、非常に勉強になるものが多かったです。次回の復路編に続きます。

C91新刊 「夜ビル」と「高層画報 Vol.3」の通販を開始

2017年1月15日にインテックス大阪で行われた「こみっく★トレジャー29」に販売応援で参加してきました。私が写真提供と執筆に関わった「夜ビル -Buillmination- Vol.1 OSAKA」および「高層画報 Vol.3」を多くの方に手に取って頂き本当に感謝です。

インテックス大阪 2017年1月
会場のインテックス大阪。午前11時のオープン前には既に長蛇の列。近畿地方は前日から雪で心配されましたが、当日の南港周辺は快晴となりました。

夜行部 at こみっく★トレジャー29 01
夜行部ブースの様子。夜行部としての発行物はまだ1冊のみですが、超高層ビルを愛でる会から委託された本やグッズたちによって豪華な展示になりました。

夜行部 at こみっく★トレジャー29 02
この日の為に制作した「夜ビル Vol.1 OSAKA」のプロモーション映像をiPadで上映。クリスタルタワー大阪東京海上日動ビルのペーパークラフトも良いマスコットに。

高層画報 Vol.3 & 夜ビル Vol.1 OSAKA (A)
高層画報 Vol.3」(左)と「夜ビル -Buillmination- Vol.1 OSAKA」(右)。

高層画報 Vol.3 & 夜ビル Vol.1 OSAKA (B)
心配していた夜景の印刷の仕上がりも想像以上でした。

会場には「Re-urbanization -再都市化-」のロング氏や、「OSAKAビル景」のショーケン氏も応援に駆けつけて頂き、まさに関西のビル好き大集合といった感じでした。

さて今回の「こみっく★トレジャー29」および「コミックマーケット91」で販売した新刊2冊の通販および店舗での取り扱いが始まりました。当日イベントに参加できなかった方や、売り切れで入手できなかった方は、この機会にぜひ宜しくお願い致します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 古い記事 >>

TOP

スポンサーリンク


アーカイブ
      
Feeds
ブログ内検索
おすすめリンク

Page Top